【九州旅客鉄道】株主優待券を博多アミュ(くうてん)で使ってみた

株主優待
この記事を書いた人
タカリブ

国立大学・大学院卒、一部上場化学メーカーに勤務。
夢であった研究者になるも「他者貢献度の低さ」「こうなりたいと思える人がいない環境」に違和感を感じる日々。

ある日、FIREやセミリタイアという生き方を知り感銘を受ける。また、マネーリテラシーの低さを実感し、FP3級の資格を取得。

資産運用・倹約を本気で始め、たまの息抜き(旅行・宝塚歌劇)で精神衛生を保つように。

しかし、上司からのパワハラ発言に何年も耐えた結果、心身を病む。転職・休職を考えるも、周囲のアドバイスを受けて他部署へ異動。

現在もFIRE・セミリタイアに向けて活動しており、その中で感じたことや役に立ちそうな情報・人生を豊かにする趣味について発信しています。

タカリブをフォローする

こんにちは!

旅行や資産運用に関するブログを運営しているタカリブ(@taka-liveです。


資産形成の基本は、”収入を増やし、支出を減らすこと”

僕は、以下の理由で九州旅客鉄道(JR九州)の株を100株保有しています。(※投資は自己責任で!)

  • 高配当銘柄であるため収入増加が見込め
  • 株主優待で支出低減(節約)もできそう


そして、投資をする目的はFIRE!(FIREについてはこちら


以下の記事では、節約方法・大きな出費で失敗しないコツなどについて触れているので見ていただけると嬉しいです♪

特に、4つめの大分県杵築市の記事は、九州旅客鉄道(JR九州)の株主優待を使える生活圏内でFIRE可能なので、一見の価値あり!

 

▼昼食費の「節約方法」

ランチ代を極限まで節約する方法

▼マンション購入の「失敗談」

マンション購入|勢いで契約してしまった話

▼お金が増える「家計管理」

ストレスなく資産形成できる家計管理術

▼FIRE希望者必見「圧倒的に家賃が安い」

杵築市が注目される理由とは?

▼FIRE達成に向けた「考え方」

いくら必要?それより先に把握すべきこと

 

少し話がそれたので、本題に戻ります。

”JR九州グループ株主優待券”を使ってみたので、オススメの使い方を紹介させていただきます!

 

よろしくお願いします!



 

JR九州グループ株主優待券

100株保有していると、年に1回2,500円分の”JR九州グループ株主優待券”をもらうことができます。

  • 1回の会計で複数枚使え(お釣りなし)、
  • 使えるお店はJR九州のホテルやアミュプラザ

アミュプラザ内で使うには、インフォメーションカウンターにいってショッピングチケットと交換する必要があります。

ショッピングチケット

今回は、アミュプラザ博多のインフォメーションカウンター(3階)で”JR九州グループ株主優待券”をショッピングチケットに交換していただきました。

アミュプラザ博多で交換した場合、ショッピングチケットは下記店舗で使えるそうです。有効期限は交換後3ヶ月末日まででした。

  • アミュプラザ博多
  • シティダイニングくうてん
  • アミュエスト
  • 博多デイトス
  • デイトスアネックス

とりあえず、1,500円分(3枚)の”JR九州グループ株主優待券”を交換。

シティダイニングくうてん

ショッピングチケットの利用先は、シティダイニングくうてん(10階)にある一風堂に決定!

注文したのは、「玉子白丸」と店舗限定の「もつ煮込み丼」

数年ぶりの一風堂でしたが、あいかわらず美味しい!

無料のもやしとラーメン、丼の相性が抜群です。

当初は替え玉も頼むつもりでしたが、伊丹空港のANAラウンジで飲んだビールの影響もあり、十分満腹だったので予定変更。

お会計時にショッピンチケットを3枚渡し、オーバーした50円を支払って完了です。

おわりに

今回は”JR九州グループ株主優待券”の使い方、使い道を紹介させていただきました。

 

アミュプラザで使えるのは、九州にいる方にとって超便利ですね♪

九州旅客鉄道(JR九州)のもうひとつの株主優待である”鉄道株主優待券”で「ゆふいんの森号」に乗ったので、こちらの記事も見ていただけると幸いです。

「投資(資産運用)はしたことがないけど株主優待に興味がある」

という方には以下の2冊がオススメです!


会社四季報
では企業の基礎知識、バビロン大富豪の教えではお金の知識を身につけることができます。

「普段、本は読まない」という方でも見やすいのでオススメですよ♪

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ村に参加しています。大変励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

コメント