【宿泊記】ホテル川久の露天風呂付き客室「天界」に宿泊した感想

宿泊記

こんにちは、タカリブ(@taka-live)です。

僕の趣味は”旅行”

本記事ではこれまでに宿泊した旅館やホテルのなかで、特に豪華だった「ホテル川久」を紹介させていただきます。

→楽天トラベルでお値段を確認!

ホテル川久の外観

外壁に囲まれたホテル川久

和歌山県南紀白浜にそびえ立つ「ホテル川久」。

あまりの巨大さにホテル全体をカメラに写すのが難しいです笑

パッと見の印象は「西洋の城」


バブル絶頂期に総工費400億円で建築され、全室がスイートルームだそうです。

スイートルーム とは
ベッドルーム(寝室)とパーラールーム(リビング)が分かれているゆったりとしたお部屋
 

ゲストをお迎えする「うさぎ」:バリー・フラナガン氏(イギリス)

巨大な「うさぎ」のブロンズ象が印象的。

ホテル川久はいたる所に世界中の匠の技術を使っており、ブロンズ像もそのひとつ。

ホテル川久のギネス記録

ギネス認定された金箔天井

ホテル川久に入ると、ド派手な金ピカ天井に圧倒されます。

金箔が使われているとは思いもしませんでした!?

2020年、「最大の連続して金箔押しされた天井」としてギネス認定!

この金箔を職人が手作業で貼り付けたというのだから驚愕です。

ギネス認定された金箔天井を支える青い列柱

天井を支えている大理石のような柱にも目がいきます。

シュトックマルモ(擬似大理石法)と呼ばれる特殊技法で作られた24本の青い列柱。

ひとつの柱が1億円とも言われています・・・

クリスマスシーズンにキャンドルがディスプレイされたロビー
イタリアの職人が床面に埋め込んだローマンモザイク

天井、柱に続き、ロビーの床も特徴的!

大理石のモザイク模様はイタリア人の職人により埋め込まれたものだそうです。


チェックインの段階で圧倒的なホテル川久!!

「美術館に来たんだっけ?」

と錯覚するような感覚になります。

露天風呂付き客室「天界」

部屋の入り口とメインルームとを繋ぐ応接間

今回夫婦で宿泊したのは、オープンテラスデッキと天然温泉露天風呂がついた「天界」。

広さが180m2だそうです・・・

二人世帯のマンションの平均的広さが55~70m2くらいなので、広過ぎ(笑)

部屋に入ると、ビジネスホテルの1室分くらいの広さの応接間が。

調度品がどれも高そう・・・


メインルームの様子

いざ、メインルーム(リビング)へ!

部屋の広さ、シャンデリア、調度品に衝撃を受けました!?

そして、部屋から見えるオープンテラスデッキには、露天風呂・ソファー・ベッドが見えます。


天然温泉の露天風呂

デッキの露天風呂(天然温泉)からは、白浜の海を一望することができます。

この日はあいにくの雨でしたが・・・


露天風呂は大人2人が入っても、広々使えるサイズ感です。

きっと、大理石製なのでしょう(笑)


デッキのソファーと椅子

デッキにソファーやベッドがあり、お風呂に疲れたらすぐさま休憩できて最高。(ベッドの写真を撮り忘れたのが悔やまれます)

BGMが流れており、とてもリラックスできました♪


寝室の様子

続いて、ベッドルーム(寝室)

広々したベッドにおしゃれな暖色のライト、枕がたくさんあるのも嬉しいポイント!

枕元にミネラルウォーターがあるのも流石です。

最上階の「インペリアルラウンジ」

ラウンジの軽食

クラブステージ限定でホテル最上階の「インペリアルラウンジ」を無料で使用できます。

「天界」はクラブステージ対象だったのでラウンジを堪能できました♪

軽食として、ナッツ類、チーズ、チョコ、手毬寿司、パンがありました。


ラウンジのお酒
ラウンジのビールサーバー、ワイン
ラウンジのワインサーバー

飲み物はさらに充実しており、焼酎、カクテル、ビール、ワインなどが色々あり!

ワインサーバーを見るのは初めて。

夕食前と分かりつつ、5杯程ワインを頂きました(笑)


ラウンジの紅茶

ノンアルももちろんあり!

ティーカップのお値段が高そうです。

王様のビュッフェ&コース料理

コース料理のメニュー

夕食は魚・肉の両方があるフルコースです!


コース料理のお造り盛り合わせ

新鮮過ぎて、伊勢海老が動いていたことがとても印象に残っています。

スタッフの方から「王様のビュッフェもご利用頂けますよ」とお声がけがありました。

ラウンジで結構飲み食いしたし、そんなに食べれるか心配でした。

結果、問題なしでしたが(笑)


王様のビュッフェ

ビュッフェに鯛の活け造りやクエの湯引きなどがあり、豪華さは相変わらずです。

これ以外に、ステーキや寿司、充実したデザートなど、贅沢づくし。

「王様のビュッフェ」というだけあります!

豪華な2つの大浴場

温泉サロン ROYAL SPA
温泉サロン ロイヤルスパ 「悠久の森」

2階にオーシャンビューの大浴場(写真上)、1階に露天風呂のある和風の大浴場(写真下)がありました。(写真引用:楽天トラベル

夜は2階が女湯、1階が男湯になっており、朝は逆になります。

お風呂の種類が多く、サウナがあるのは2階だったので、サウナ好きの男性であれば朝風呂をオススメします!

風呂上りに無料でアイスキャンディーを食べれるのも嬉しいポイントです。

プールとサウナ

3階にあるプール&サウナ
プールサイドの椅子

1100円でプールとサウナに入れます!(温泉に併設しているサウナとは別)

水着着用が必須ですが、300円でレンタル可能。

プールの深さは1mくらいで、大人が泳ぐのにも申し分ないサイズでした♪

また、温水なので冬でも楽しめます。

誰もいないタイミングだったので、完全にプライベートプール状態でした。


「川久 サウナ」の画像検索結果

プールのすぐ横にある水着で入るサウナ。

結構本格的なサウナです。


サウナの入り口に、水、ポカリ、オロナミンCがありました。

紙コップもあったので、ポカリとオロナミンCを混ぜた「オロポ」を飲めます♪


サウナに入った後は、外の水風呂へ!!

休憩用の椅子もちゃんとあります!


ちなみに先ほどの休憩用の椅子、こんな所にあります(中央右側)

非日常的すぎる光景。

こんな所で「整う」のは人生初でした(笑)


また、プールとサウナの入り口にはランニングマシンや卓球台もあり!

すぐ近くにエステもあります!

おわりに

今回は、客室露天風呂付きの「天界」に泊まりましたが、「川久スイート」という部屋にも泊まったことがあります。

そのときは、楽天トラベルで最安のお部屋(朝夕食付きで2人で3.5万円くらい)を予約していました。

ところが、チェックインの際に部屋をアップグレードしていただけました。

設備、食事だけでなく、ホテルの方のこういった対応もあり、「年に一回はホテル川久にいきたい」と思っています。


すぐ近くにパンダを見れるアドベンチャーワールドもあり、そちらもオススメ!

また、ホテル川久のすぐ近くにある「南紀白浜マリオットホテル」の宿泊記もまとめているので旅行のご参考に♪

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント