【共働き】我が家のお財布・家計管理と資産運用の方法

結婚

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

結婚後、共同生活をする中で直面する問題がお財布(家計)の管理

家計の出費に困っている夫婦のイラスト

一緒の家計にしてどちらかが管理をする、夫婦で別の家計にする、共用の財布を夫婦で管理するなど、方法は色々あると思います。

我が家(現在DINKS)では家計として年間300万円の貯蓄を目標にしており、昨年は目標達成済みです。

そこで、夫婦お互いがストレスなく貯蓄をする方法、貯蓄したお金を増やす方法について紹介したいと思います。

家計用口座を2個つくる!

生活費用の共通口座

我が家の場合、夫婦共に3個の銀行口座を持っています。(内訳:家計用、個人用、投資用)

家計用口座の使い方と入金額はこんな感じ

  • 僕の家計用口座:20万円/月、生活費用
  • 妻の家計用口座:15万円/月、貯蓄用

僕はクレジットカードとして、SFCカード、旅行系最強と言われるspgアメックスを所有していますが、個人用として使っています。

夫婦で使っているのは楽天カード

生活費(家賃、光熱費、スーパーでのお買い物など)のほぼ全てを楽天カードで支払っています。

また、無料で発行できる家族カードを妻が持っているので、妻の買い物も同口座から引き落とされます。

使用した翌日に、メールで速報が届くので非常に便利!

ちなみに、毎月の生活費は20万円前後なので、20万円を固定で入金しています。

入金額が予め決まっているので、残りの給与は全て個人用!

残業が多かった月は、個人の給与が増える(個人口座で好きなものを買える)ので夫婦ともお金で揉めることが少ないです。

(余談ですが、僕の場合は残業代を高配当株の購入に回しています)

貯蓄用の共通口座

貯蓄用の口座には毎月15万円を入金しています。

ボーナス月は多めに入金し、トータルで年間300万円以上になるようにしています。

次で説明する「資産運用の方法」に繋がりますが、共通口座の貯蓄は目標金額を決めることが大事!

我が家の場合、以下の目標を立てています。

  • 生活費1年分以上(約240万円)を貯蓄する:最低限のお金を確保
  • 目標額を超えたら投資に回す:お金を増やす

今回は記載しておりませんが、何のためにお金を増やすのか?

マンション購入・老後・早期退職(FIRE)など色々あると思いますが、その目的を夫婦で持っておくと目標達成のために頑張りやすいと思います!

資産運用の方法

貯蓄用から投資用へ

先ほどの目標額を超えたので、現金貯蓄額180万円/年、投資額120万円/年を考えています。

今後に備えて貯蓄をしつつ、投資もする作戦です。

毎月10万円投資することになるので、利回り3%で運用することができれば30年後大金になるのも夢ではありません。

また、貯蓄額に応じて投資割合を上げる予定なので、さらに高額になることを期待しています!

シミュレーションはこちらからできます。

家計からの投資先

我が家では、家計とは別個に夫婦それぞれが積立運用をしており、米国株中心の投資信託を購入しています。

大した分散にならないかもしれないですが、家計では投資信託の全世界株式(オール・カントリー)を積み立てる予定。

「世界は年々良くなっていく」ことに期待!

まとめ

我が家では、生活費用と貯蓄用の共通口座があり、毎月一定額を入金しています。


家計への入金額を固定しているで、残業で多めに貰った分は個人用!

「欲しい物を我慢する」というストレスがないのでお金の揉め事はほとんど起きません。

僕も個人のお金で株を買えるので満足です。

生活費は楽天カードで一元管理!

効率的にポイントが貯まるメリットもあります。

また、毎月の生活費を把握すれば、貯蓄額の目標も立てやすいです。


貯蓄額が目標を超えたら、部分的に投資に回す!

家計のお金も働いてくれるので、お金を増やすスピードが飛躍的に上がる(と想定)。

とは言え、想定外に備えておくのも大事!

現金としても貯蓄しつつ投資をすることでリスクが減ります!



我が家はこんな感じですが、何か参考になることが一つでもあれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント