【必見】共働きがストレスなく資産形成できる家計管理術を紹介!

資産形成

こんにちは!

旅行や資産運用に関するブログを運営しているタカリブ(@taka-liveです。


この記事はこんな方にオススメ
  • 結婚後の家計管理に悩んでいる方
  • 貯蓄だけでなく投資もしてみたい方


結婚後、共同生活をする中で直面する問題がお財布(家計)の管理

家計の出費に困っている夫婦のイラスト
  • 一緒の家計にして片方が管理をする
  • 夫婦で別の家計にする
  • 共用の財布を夫婦で管理する

など、色々な方法があると思います。


日本最大級の不動産・住宅情報サイト(ライフルホームズ)の離婚原因ランキングによると、

  • 6位:生活費を渡さない
  • 7位:浪費

お金の問題がしっかりランクインしています。


ちなみに1位は「性格が合わない」でしたが、お金の問題を抱えたまま過ごすことも”価値観が違う→性格が合わない”に直結するので、早い段階でしっかり話し合いをしておく必要があります!

お互いが納得できるルールを作り、楽しい結婚生活と資産形成を両立したいもの。


この記事では、我が家の一例ではありますが下記について紹介しています!

  • 夫婦お互いがストレスなく貯蓄をする方法
  • 貯蓄したお金を増やす方法

現在、悩んでいる方の一助になれば幸いです。

それではよろしくお願いします!

家計用口座を2個つくれ!

我が家の場合、夫婦共に3個の銀行口座を持っています。

  1. 家計用口座
  2. 個人用口座
  3. 投資用口座

2つある家計用口座の使い方について紹介させていただきます!

家計用口座1:生活費用

ひとつめの家計用口座(僕名義)は毎月の生活費支払に使っており、僕の給与から毎月一定額が入るように設定しています。

一定額については夫婦で話し合って決定し、あまりの金額は僕の個人用口座に振り込んでいます。

残業が多かった月は個人資産が増える(個人口座で好きなものを買える)ので「お小遣いが少ない」といったことで悩んだりすることもありません!

家計管理をラクにする秘訣

家計簿をつけておくと毎月の生活費が把握でき、入金額もちょうど良い金額に設定できます。

マネーフォワードを使うだけでしっかり把握できるのでオススメですよ♪


銀行口座は楽天銀行を使用しており、残高が100万円以上になるようにしています。

残高100万円以上なのは下記メリットがあるから♪

  • 金利が0.1%(300万円以上は0.04%)
  • ATM利用手数料無料(5回/月)
  • 他行振込手数料無料(3回/月)
  • 楽天ポイント獲得倍率3倍

「家計口座から別口座に振り込みたい」

そう思った時、ネットバンクなので『いつでも』「手数料無料』でできるのは超便利!


使用しているクレジットカードは楽天カードです。

本カード・家族カードとも無料で発行できるので、家計用の支払い(家賃、光熱費、スーパーでのお買い物など)のほぼすべてに楽天カードを使っています。

家計管理をラクにする秘訣

家族カードの場合、使用した翌日に速報メールが届くので家計簿管理に役立ちます。

使徒不明金を減らすことは家計管理で超重要!


ちなみに、個人用カードは下記2枚で趣味の旅行用です(笑)

家計用口座2:貯蓄用

ふたつめの家計用口座(妻名義)は貯蓄用に使っており、妻の給与から毎月一定額が入るように設定しています。

生活費用と同じく、あまりの金額は妻の個人用口座に振り込まれています。

繰り返しになりますが、残業が多かった月は個人資産が増える(個人口座で好きなものを買える)というのは共働き夫婦には本当にオススメ!

家計管理をラクにする秘訣

貯蓄用口座のお金(生活防衛資金)は貯めてるときも貯まった後も手につけない!

生活費用とそれぞれの個人口座で各支払いを済ませること!


我が家では、生活費1年分(生活防衛資金)を貯蓄額の目標にしました。

生活防衛資金をいくらに設定するかも、話し合って決めた方が良いでしょう。

お金の入った袋のイラスト「円マーク」


我が家の場合、既に生活防衛資金を確保することができたので、こちらは手をつけずに放置。

生活防衛資金を超えた分は資産運用に回しているので、次で説明しております。

資産運用の方法

生活防衛資金以上のお金を銀行に預けていても資産は増えません。

我が家の場合、FIRE(経済的自由と早期退職)を目指しているため、働かずに生活できる状態(運用益>生活費)を作り出す必要があります。

FIREと投資戦略については、以下の記事で詳しく書いています!


現在は、貯蓄に回していたお金を投資(積立投資)へ!

また、生活費の中で倹約できるところは倹約し、生活に必要な金額を年々減らしています。

まとめ

2つの家計用口座(生活費用、貯蓄用)を使って家計管理をすることで、資産運用へのシフトチェンジをしやすくなるのでオススメです!

また、各口座とも一定額(話し合いで決定)を振り込み、余りは個人口座へ振り込むのが共働き夫婦には本当にオススメ!


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ブログ村に参加しています。大変励みになりますので、よろしければ応援クリックお願いします♪

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

コメント