【靴好き必見】長持ちさせたいならコンパクトな靴べらを携帯すべし!

革製品

こんにちは、タカリブ(@taka-liveです。

革靴やスニーカー、消耗品ではあるけれど少しでも長持ちさせたいですよね。

今回は、そんな希望を簡単に叶えてくれる靴べら(シューホーン)について。

靴べらの使い方

靴べらといったら、革靴をはくときにカカトを傷めず簡単にはくためものです。

革靴の命はカカトと言っても過言ではありません。

革靴のカカトの部分には芯材が入っており、芯が折れるとフィット感が失われ、靴の寿命が縮まります。

一度折れた芯は、修理に出さないと治りません・・・

僕は、パラブーツスコッチグレインの革靴を持っていますが、はくときは靴べらを携帯しています。

使っている靴べら紹介

僕はコンパクトな靴べらを2つ持っています。

コンパクトなので携帯でき、出先で靴を脱ぐことがあっても安心です♪

僕はミニサイズのショルダーバックとPCも入るリュックの2つをよく使っています。

靴べらをカバンごとに分けて入れているので、持ち忘れがありません。


それでは、使っているものを紹介させていただきます!

  • ノーブランドのもの(200~300円くらい)
  • ホワイトハウスコックスの折りたたみ式

写真左側の靴べらは、10年くらい前に靴屋さんで購入。

めちゃくちゃ安かった記憶がありますが、今でもオンラインで200~300円くらいで売っていました。

送料が無料だったら、即購入しても損はないアイテムです!

この数百円が靴の寿命を伸ばしてくれるなら、コスパ良すぎじゃないですか!?

是非とも、カバンの中に忍ばせておきましょう。

写真右側は「ホワイトハウスコックス」という英国ブランドの折りたたみ靴べらです。

ホワイトハウスコックスについては、長財布ベルトの記事にて紹介しております!

こちらも読んでいただけると嬉しいです♪

【Whitehouse Cox(ホワイトハウスコックス)】6年使った革財布のエイジング(経年変化)

【一生物】ホワイトハウスコックスの革ベルト(ブライドルレザー)

ホワイトハウスコックスの靴べらを折りたたむとこんな感じです。

カバンやズボンのポケットに入れても全然かさばらないサイズ感!

また、キーホルダーとしても使えるので便利です(キーホルダーとしては使っていませんが笑)

先ほど紹介した靴べらに対して値段も高いですが、

「靴べら自体のエイジングも楽しみたい」

「靴べらをプレゼントに考えている」

という方には、オススメです♪

スニーカーでも靴べらを使うべし

以前、ハイカットのスニーカー(NIKEのDUNK)を持っていました。

そのスニーカーのカカトを踏みまくっていたら、中から芯材が飛び出すという結果に・・・

泣く泣く、そのスニーカーは捨てました。

ガッカリしている人のイラスト(男性)

これをきっかけに、フォルムがしっかりしたスニーカーをはくときも靴べらを使おう!と思うようになりました。

例えば、SNKSでゲットしたこのスニーカーをはくときには靴べらを使っています。

スニーカーなので底のラバー部分のスレ、加水分解は仕方がないですが、形状は綺麗に保てます。

形状が綺麗だと雑に扱う気にならないので、大事に使って寿命が伸びます!

靴べらを持ち歩く意外なメリット

唐突ですが、僕は「マイ・インターン」という映画が好きです。

ロバート・デ・ニーロ演じる老紳士ベンの影響を受けて、クラシックなものがより好きになっただけでなく、他の人が革靴をはくときに靴べらを貸すようになりました。

ビジネスの場面だとみんな革靴ですが、靴べらがないことがあります。

そんな時に靴べらをサッと出して貸したら、結構喜んでもらえるのでオススメです(コロナの影響でこの機会もほぼゼロになりましたが)

出典:Amazonプライム・ビデオ(マイ・インターン)

以上、最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント