【裁縫勝負】ソーイングビーをNHK・Amazonプライムで見た感想

Amazonプライム

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

突然ですが、裁縫は好きですか?

僕は、「ソーイング・ビー」という番組を見るまでは全く興味がありませんでした。

ソーイング・ビーとは

現在、NHKのEテレで毎週木曜PM9:00(再放送:水曜PM0:25)から放送しています。

イギリス全土から集められたアマチュアの裁縫自慢が、制限時間付きの課題に毎回挑戦。

裁縫の技術・完成度・デザイン性に対して厳しい審査が行われ、3つの課題ごとに脱落者が決定。

最後まで残った人が優勝者になります。

ソーイング・ビー2 - NHK
英BBCで放送された、裁縫バトル番組「ソーイング・ビー」日本語版の第二弾。アマチュアいちの裁縫名人の座をかけ、新たなメンバーが次々と課せられる難題に挑む。

面白かったポイント

衣服の作り方が分かる

普段何気なく着ている衣服。そこに施されている処理・縫われ方なんて気にも止めたことがありませんでしたが、本番組を見て興味が湧くようになりました。

個人的に面白かったのは、「ファスナーの付け方」。衣類のファスナーは、閉じた時にファスナー部分が外側から見えないように縫製されています(その場合が多いです)。

自分の持っているスラックスを見たら確かにそうでした。そして、その複雑かつしっかりとした作りに驚き!

番組の中でも、ファスナーを初めて取り付ける方はとても手こずっていました。幅広いジャンルの課題が出るので、縫製自慢と言えど初の試みに四苦八苦するシーンは番組の見所です。

出演者たちのファミリー感

年齢・性別・経歴がばらばらのアマチュアの裁縫自慢が腕を競い合う本番組。やたらとキャラが濃い出演者が多いのも見所。

課題の中でわからない部分は助けあったり、声掛けをしてワイワイと盛り上がったり。課題を追うごとにメンバーの仲も強まりますが、しっかりと順位付けされて脱落者も出ていく。

リアリティーなドラマを見ることができ、とても面白いです。

「番組を通して一生の仲間に出会えた」と語っているメンバーが多いのにも納得です。

技術進歩のための審査

審査員からは、技術・完成度・デザインに関する厳しい審査が行われます。

辛辣な場合もありますが、惜しかったポイント、技術的に不足しているポイントなどを的確にコメントしており、今後に繋がる内容であることが見ていて良くわかります。

課題を通し、実際にメンバーが成長していく姿も見ていて気持ちがいいです。

こんな人にオススメ

僕がソーイング・ビーを見たきっかけは、妻がテレビで見ていたからです。

何となく僕も見ていましたが、気付いたらしっかりとハマってました。


裁縫好きの人はもちろんですが、「物づくり」に興味がある人にはオススメできると思っています。

先ほどのファスナーもそうですが、「この服って、こうやって作ってたんだぁ」という驚きがあるはず!

シーズン1から見たい方は

僕はAmazonプライム会員なので、こちらで最初から見ました!

→ Amazonプライムビデオ:ソーイングビー (シーズン1)

30日間は無料体験できます!


僕も本番組の影響で裁縫を始めるか、ミシンを買うか悩んでいるところです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント