【虫歯・口臭対策】歯医者推奨オーラルケア|コンクールFを使った感想

健康

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

楽天市場のお買い物マラソン中、リベ大の「人生を良くするアイテム21選」を拝見。

第13回 【学長おすすめ】人生を良くするアイテム21選【良いお金の使い方編】

その中で、特に気になったアイテムが「コンクールF」というマウスウォッシュ!

下記ポイントが気に入り、家用と(僕と妻の)会社用に3本買いました♪

  • 1本1000円程度で1年間くらい使える
  • 歯科専売品で殺菌効果が高い

本記事では、コンクールFのメリット・デメリットと、朝、昼、晩と使ってみた感想をまとめています!

マウスウォッシュ選びの参考になれば幸いです。



コンクールFの効果

販売先のウエルテック株式会社の情報によると、殺菌成分のグルコン酸クロルヘキシジン(以下、CHG)が口腔内に残留することで最大12時間という長時間殺菌効果を発揮するようです。

また、CHGの有効濃度は驚異の1〜6ppm

ppmというのは、「100万分の1」という割合を表します。

1ppmは、25mプール(長さ25m, 幅10m, 深さ1m)に溜まった250トンの水にリンゴ1個分(250g)のCHGを入れたときの濃度になります。

こんな薄さで、しっかり殺菌効果を発揮するというのだから驚きです。

水泳のイラスト「プール」

コンクールFの副作用

殺菌成分のCHGは口内(歯)に残りやすいことはデメリットもあるようです。

歯にCHGが残っている状態で、食品色素やポリフェノールを摂取すると着色が起きやすいとのこと。

就寝前の使用なら問題ないですが、朝、昼の場合は注意が必要ですね・・・

僕の場合、マウスウォッシュ後のコーヒーやお茶を控え、ミネラルウォーターを飲むようにしています。

色素沈着するわけではなく、歯磨きで着色は落ちるようなのでそこまで気にしてはいませんが。

コンクールFの有無によらず、コーヒーを飲む時点で色素沈着は起き得ますしね。

ホワイトニングも始めるか悩みます笑



コンクールFを使った感想

就寝前に使ってみたところ、香料(ペパーミント)の香りが軽くして、刺激はほとんどありません

味は、歯医者さんのうがい薬みたいな感じ。

もし、通っている歯医者さんがコンクールFを使っているなら「みたいな」ではないですが笑

マウスウォッシュ後は、口の中がスッーとします。

これは、配合されているメントールの作用ですね♪

個人的に、効果を感じたのは起床後です。

口の中のネバネバ感がかなり減ったように思います。

これまで他社のマウスウォッシュも色々使ってみましたが、ここまでのスッキリ感は初!

スッキリしている人のイラスト(花粉症)

朝、昼に使ったあとも、スッキリ感が持続!

個人的には、口臭予防の効果があるのも嬉しいです。

口臭は自分で気付きづらい分、知らない間に嫌悪感を与えることがあるので要注意!

これまではタブレットを食べたりしてましたが、コンクールFなら虫歯対策・口臭対策の両方ができるのでこれだけで十分です。

ミントタブレットのイラスト

おわりに

お買い物マラソン中に、コンクールFを買えたおかげでQOLをあげることに成功しました!

これからは毎日使うと思います。

ちなみにですが、歯磨きの際には歯ブラシとフロスを使っています!

歯ブラシには特にこだわりがないですが、フロスはライオンのY字型を使っています。

理由は、歯間が狭くて他社製品だと使用中に糸が切れるから。

これだと、糸が丈夫で満足に使えます。

歯ブラシで届かない所にこそ、汚れが溜まりやすいので必須!

綺麗にした上で、マウスウォッシュをするのが効果的だと思っています。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。



コメント