【宿泊記】ホテルザミツイ京都|サーマルスプリングSPAとお抹茶体験

旅行・観光

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。


この記事ではHOTEL THE MITSUI KYOTO(ホテルザミツイ京都)サーマルスプリングSPAお抹茶体験について紹介しています。

水着で入る温泉施設のサーマルスプリングSPAと立礼式で気軽にいただけるお抹茶、どちらも滞在の思い出になること間違いなしの体験だと思います♪


サーマルスプリングSPA

ホテルザミツイ京都の地下1階に、宿泊客は無料で利用できるサーマルスプリングSPAがあります。

ホテル専用に、地下1000メートルから湧く温泉を汲み上げているそう。

混雑している場合は人数制限があるので、お部屋のテレビで混雑状況を確認し、あらかじめスパに行く時間帯・人数を伝えておく必要があります。(テレビにて朝食会場の混雑具合も確認可能)

  • 利用時間 7:00~23:00
  • ご利用年齢 16歳以上(10:00~16:00は4歳以上利用可)

夜はずっと「やや混雑している」〜「入場制限中」だったので、翌朝に朝風呂として利用することにしました(笑)

そのため、インルームダイニングの朝食も少し遅めに設定。

サーマルスプリングSPAへは、お部屋のバスローブ、スリッパで行ってもOKとのことでした。どちらも超フカフカで触り心地最高♪

地下1階に降りると、真っ二つのでかい岩が…

絶対に違うコンセプトだと思いますが、あの漫画を思い出してしまいました(笑)

奥には木のアーチがずらっと並んだ廊下。

暗さと鏡も相まって、異世界感を強く感じました。

サーマルスプリングSPAに向かう道中、フィットネスジムが。

こちらのフィットネスジムは24時間利用可能らしく、多彩なトレーニング機器がありました。

光が差し込んでいるのは、中庭から。前夜のディナーの帰りに発見してびっくりしました。

サーマルスプリングSPAの受付までいくと、スタッフさんと白虎のぬいぐるみが!

湯浴み着(水着)とロッカーの鍵(リストバンド型)を渡してくれました。(湯浴み着は無料レンタルでした)

湯浴み着のデザインは、メンズはグレーの海パン風、レディースはグレーの上下セパレートタイプ。

空いている時間帯(朝8時)だったこともありますが、ロッカールーム、パウダールームを広々と使えました。

敷地内の地下約1,000m から湧き上がる天然温泉水を活用したサーマルスプリング(水着を着用して入る天然温泉を用いたプール)では、穏やかに流れゆく時間とともに HOTEL THE MITSUI KYOTO ならではの温泉体験をご提供いたします。 静寂に包まれた空間と、天然温泉のほどよい温かさが至上のリラクゼーションをもたらします。

引用:公式サイト

公式サイトの説明にもありますが、静寂な空間を大事にしているのでスマホの持ち込みはNG。どうしても写真を撮りたいなら、誰もいない時間帯に行き、常駐しているスタッフさんに確認してみるといいかもです。


引用:公式サイト

入って驚いたのは、公式サイトの写真まんまだったこと。黒いタイル、石の壁や柱に囲まれた大人な雰囲気。

中央には真っ二つのデカい岩が。ここでもあの漫画を思い出しました(笑)

水温は36〜38℃程度でぬるめの気持ちいい温度で、2箇所あったジャグジーは38~40℃と少し温かめ。

サーマルスプリングSPA内には、3~4人くらいは入れそうなミストサウナ、温かい黒いチェアなどもありました。サーマルスプリングSPAは思い出に残ること間違いなし!

「整った場所の中でも、もっとも印象に残った場所は?」と聞かれたら、和歌山県白浜にあるホテル川久(写真の白いベンチで整えます笑)ですが、「上質で大人な雰囲気の温泉は?」と聞かれたら、間違いなくホテルザミツイ京都と答えますね♪

引用:公式サイト

今回の宿泊では利用しませんでしたが、地下1階にはプライベート温泉もあり!

アフタヌーンティーはレストランFORNI(フォルニ)、朝食はお部屋でいただきましたが、プライベート温泉内でいただくこともできるそうです。


お抹茶体験

サーマルスプリングSPA、朝食を楽しんでお部屋でのんびりした後、13時くらいから「お抹茶のふるまい」をいただきました。

所要時間は約20分、金額は1000円程度だったと思います。とても人気なのでホテル到着後でも事前予約をしておいた方がいいでしょう。

本来は12時チェックアウトですが、SPGアメックスのおかげもあり14時までのレイトチェックアウトにしていただけたので時間的制約が少なく最高!


茶居はホテル1階にあります。贅沢な空間でお抹茶、茶菓子がいただけるなんて感動♪

立礼式なので気軽に楽しめるのが人気の秘訣なんでしょうね♪

まず最初に器選びから!僕は右端、妻は中央の器を選択しました。

続いて、お茶菓子の登場。

ホテルザミツイの近くにある老舗の和菓子屋「二条若狭屋」さんのものだそう。秋なのでススキが描かれており、上品な甘さで抹茶との相性がとても良かったです♪

チェックイン後、お部屋に置いてあったお菓子も「二条若狭屋」さんのものということを教えていただきました。

茶道家の先生から手ほどきを受けたアンバサダーの方から、お手前を披露いただけます。

カプチーノのような細かい泡が立っているのが「裏千家」、半分泡立って三日月状にお茶の池が見えるのが「表千家」だそう。

お茶の世界は奥が深いですね。

作法も色々あるのでしょうが、「気にせずにどうぞ♪」とのことでしたので、気軽に抹茶を楽しむことができました。


おわりに

サーマルスプリングSPAお抹茶体験も滞在の思い出になること間違いなし!

また、いずれもスタッフさんの対応が素晴らしく、ホスピタリティーの高さを感じました。

是非とも再訪したいホテルの1つです!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント