【理系大学生向け】将来困らないために学生時代やっておくべきこと

自己投資

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

僕は大学院(修士課程)卒業後、化学メーカー(東証一部)の研究職に就いています。

研究・科学実験のイラスト(男性)

過去(大学生)の自分を振り返った時、

「やっておけばよかったなぁ・・」

「やっておいて、本当よかったぁ!!」

ということが色々あります。

今後社会人になる学生の方にとって、ちょっとでも参考になればいいな!

と思い、記事にしています。


それでは、よろしくお願いします!

学生時代にやっておいてよかったこと

高め会える友人に出会うこと

僕の場合、スポーツサークルに所属する友人がそうでした。

IT系を専攻していた彼は、将来の自分への投資としてプログラミングをめちゃくちゃ勉強する日々。

その結果、学部時代にはプログラミング系の大会で成果を残し、大学院でも「自動運転」に関係する研究の論文をたくさん出していました。

プログラミングをする人のイラスト(男性)

就職活動では、無双状態!

旧帝大というわけでもないのに、エントリーシートはほぼ通過。

就活生側が主導権を握っているような状態でした。

今では世界を股に掛けるプログラマーです。

僕はというと、そんな成果があるはずもなく就活もそれなりに苦労しました。

しかし、彼の影響もあってか第一志望の企業に就職することができました。


とは言え、今はFIREを目指していますが(笑)


「大学は勉強するためにきてる。ガリ勉で当たり前。」

この発言は今でも印象に残っています。

意識の高い人のイラスト(男性)


いわゆる意識高い系の彼でしたが、勉強量・成果が伴っているとカッコいいとしか言いようがありません。

今でも親友の中ですが、彼のおかげで目標のために頑張るはダサいことじゃないということを学生時代に学べたのは大きな資産だと思っています。


僕の場合、彼に出会えたのはラッキーでした。

実際、こんな友人に出会える確率なんてかなり低いと思いますが、学生時代から何かに真剣に取り組んでいる人はいるはずです。

そういった人を、「ガリ勉」、「意識高い系」とカテゴライズするのではなく、「あいつ、すげーな!」という姿勢を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

何か学ぶことがあるかもしれないですよ♪

もしくは、何かを頑張っている人、価値ある内容を発信している人をTwitterで探してフォローするのも効果的だと思います。

勉学を頑張ること

学生の本文は勉学です

といっても、誘惑が多くてついつい乱れがちになるのが学生生活。

よくわかります!!


ただ、僕には勉強しないといけない理由がありました。

下記の奨学金に関する記事でも触れていますが、僕は給付型の返さなくていい奨学金をもらっていました。

【奨学金の返済方法】繰上げ一括払いと分割払いはどっちがお得?

半年ごとの試験結果を提出し、「好成績であれば翌年ももらえる」という制度でした。

先ほどの友人の影響もありますが、お金がかかっているなら尚更頑張らないといけません。

そのおかげで、バイトもせずに学生時代を過ごすことができました笑



しかし、大事なのここからです!!

勉学を頑張っていたおかげで得られた成果を次に紹介します。

授業料の半額免除

首席とまではいきませんが、それなりに好成績をとることができていたので大学の授業料はずっと半額でした!

大学の場合、遊んでいる人とそうじゃない人の差がドンドン開きます。

いったん、勉強する側に回れば意外と簡単に半額免除はとれると思うので、勉強する価値ありです!

希望する研究室への配属

大学院への進学を考えているなら、研究室選びは重要です。

なぜなら、研究室選びの段階で、将来の就職先がある程度絞られてしまうからです。

人気企業に毎年受かっているような研究室は当然人気。

研究室配属は成績順で決まるので、好成績を残しておくことは必須です!

僕の場合、お金目的で勉強してましたが、それが功を奏して狙い通りの研究室、就職先へ行くことができました。


大事なことは、

学生時代は、理由はどうあれ勉学に励む!

理想的には、高め会える友人がいるといい!

逆に、大学で遊んでばかりというのは危険です。

今のお金を捨てているだけでなく、将来稼げるお金(自分の可能性)を減らす行為です。

お金をドブに捨てる人のイラスト(男性)

学生時代にやっておけばよかったこと

経済・お金について勉強する

社会人になって数年間、経済や投資のことについてはサッパリでした。

自分が働く会社の業績の見方も全然わからないレベルです。

でも、それでいいと思っていました。


しかし、リベ大の存在を知ってからは考え方が180度変わりました。

お金に無知である(マネーリテラシーが低い)ことは危険ということに気づくことができたんです。

学生時代に知っていたら、もっと有意義に過ごすことができたと思っています。

とは言え、社会人数年目で知れたのでダメージは浅かったはず・・・

車、家、結婚式など、人生の大きな出費の前に一度以下の本を読んでもらいたい!

専門分野以外の自己投資

専門分野はそこそこ勉強していました。

しかし、それ以外はサッパリです。

趣味も全然ありませんでした。


新しい挑戦、経験が全然ない状況・・・

小さなこと(新しいご飯屋さんに行くとか)でいいので色んなことにトライして、自分の経験の幅を広げておけばかったと思っています。

色んなことを経験しておくことで、面白みのある人間になれたのに。

と、ちょっと後悔しています。



おわりに

学生時代は、自分への投資が一番大事だと思っています。

共に高め会える友人(仲間)がいれば、効果倍増!



また、専門分野以外への自己投資で経験の幅を広げておく、マネーリテラシーを高めておく。

これらを学生のうちにできておけば、社会人になってからも好スタートをきれるはず!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント