【自動車保険】ディーラーからネットに変更して5.7万円安くなった話

保険

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

突然ですが、車を持っているとお金がかかります!

ライフスタイルに寄りますが、軽自動車でも平均3万円以上は維持費にかかるようです。

出典:goo-net

維持費の内訳は、ザッと以下の通り。

  • 車検
  • 自動車税
  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • 駐車場代



僕の場合も、2020年にいただいた10万円(給付金)は、自動車税と自動車保険で消えていきました・・・

車の維持費は大ダメージ

そんな中、2021年は車検、自動車税、自動車保険のフルコンボ

言ってみれば、海軍三大将と同時に闘うようなもの。

普通に戦えば、瀕死の大ダメージを追うことになります涙

維持費削減:車検費用

しかし、こちらとしても黙って大ダメージを受けるわけにはいきません!

まず、先手として車検費用の削減を行いました。

詳細は下の記事にて!

【楽天ユーザー必見】楽天Car車検で業者を簡単比較&ポイント獲得

この対策で、数万円は安くなったはず!

まずは、黄猿(車検費用)からのダメージを減らすことに成功!



維持費削減:自動車保険

続いて、本題の自動車保険!

僕の場合、新車購入時にディーラーでそのまま自動車保険に加入しました。

保険は手厚いですが、金額も最強クラスです。

色々割引はありましたが、それでも3年で25万円以上(車両保険あり)

自動車保険の更新案内を見ると、現在と同じプランで更新すると次回の支払額は約8万円。

車検費用を削っても、このままでは大ダメージであることに変わりありません。

そこで、困ったときの「お金の大学」に頼ることに!

本書の中で、自動車保険についても取り扱っていたことを思い出し、熟読することに!

また、リベ大のブログYoutubeも見て、再度確認!


重要なのは、以下の2つ(対人対物保険は無制限)

  • 車両保険をはずす
  • 弁護士特約をつける

車の価値は下がり続ける、保険を使うと等級が下がる(来年の保険料が上がる)ことから車両保険をはずすことにしました。

また、相手自動車が原因の事故で、損害賠償を請求する際に負担する費用(弁護士報酬、法律相談費用)を補償してくれる弁護士特約は新たに追加することにしました。

年間走行距離が少ない(3000km以下)僕にとって最適の保険を探すべく、各社見積もりと満足度を踏まえ、「チューリッヒ」を選択。

家族からの紹介で安くなるというのも、後押しとなるポイントでした。


結果、下記条件も加え、保険料23,220円となりました!

  • 対物超過特約(無制限)
  • 搭乗者傷害保険(1000万円)
  • 人身障害保険(3000万円)
  • 個人賠償責任補償特約(3000万円)

インターネット割引と紹介割引で、ー11,500円

そのまま更新していたら8万円だったので、約5.7万円(70%)も安くすることに成功!

これで、赤犬(自動車保険)からのダメージを大幅に減らせます!


ちなみに、個人賠償責任については火災保険の内容を見て、重複していないか確認しましょう。

今回は、保険料に応じてネット割引の金額が変動するタイプで、個人賠償を付ける方がむしろ安くなるという不思議なことが起こりました。


さて、ディーラーでは更新をしないことが決定したので、その旨を電話で連絡。

引き止められるかと心配してましたが、親切に対応してくれました!

今後、同じメーカーの車を買うなら、ここのディーラーで買うことに決定です♪

カーディーラー・車屋のイラスト


続いて、保険の契約!

必要なのは以下4点(クレカ払いしないなら3点)

そろってしまえば後は簡単。数分で加入完了!

  1. 運転免許証
  2. 車検証
  3. 保険証書
  4. クレジットカード
引用:チューリッヒ公式サイト



おわりに

今回、自動車保険の見直しが意外と簡単だったことに驚きました。

これなら、毎年見積もりをとって、乗り換えをしたとしても割に合うと思います。

「自動車保険が高くて悩んでいる・・・」

そんな方は、是非一度見積もりをとってみることをオススメします。




また、最後に残った青キジ(自動車税)

こればっかりは、同じ車を持っているかぎり安くしようがありません。

対策としては、自分が強くなる(本業 or 副業の給料をあげる)、仲間に助けてもらう(株の配当金)といったことが考えられます。

僕の場合、昨年から高配当株投資を始めたので、そこから得られる配当金を自動車税に使おうと思っています。

これで、大幅にダメージを低減!


対策の有無で、金額がガラッと変わりました。

自動車の維持費に悩む方の参考になれば幸いです。


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント