【入浴剤】よく眠れると話題沸騰|BARTH(バース)の効果&感想

健康

こんにちは!タカリブ(@taka-liveです。

SNSで話題沸騰の入浴剤、BARTH(バース)をみなさんはご存知でしょうか?

中性重炭酸入浴剤BARTH(バース)公式ブランドサイト
自然療養でも使われるドイツの希少なお湯「中性重炭酸泉」を家庭のお風呂でも体験できるよう開発した入浴剤BARTHをはじめとした、重炭酸の技術を詰め込んだプロダクトを発信するブランドです。

リベ大の動画をキッカケにコンクールFというマウスウォッシュを購入しましたが、一緒に紹介されていたBARTHも購入しました。

オーラルケアと睡眠への自己投資です!

コンクールFについて気になった方は、下の記事を見てみてください♪

【虫歯・口臭対策】歯医者推奨オーラルケア|コンクールFを使った感想

入浴剤BARTH の特徴

お試しで9個入りを約1000円で購入!

段ボールの開封時に、大きなミスを犯しました・・・

包装ごとカッターで切るという大失態 涙

どうやら小包装ではなく、チャック(ジップ)付きの袋にそのまま入っているようです。

エコでいいですね笑

しかし、そのままでは水分で反応してしまいます。

ガムテープで応急処置!

買ったのが少量だったのが、不幸中の幸いでした。

そして、購入後に気づいたことですが、一度に3個使うことを推奨されているようです。

9個入りなら、3回分ということですね。

1回300円ほどの入浴剤、普段の入浴剤と比べると高級品です。

入浴剤BARTH の効果

炭酸泉が血行促進にいい!

というのは有名な話ですが、その理由をご存知の方は少ないのでは?

炭酸泉に入ると、重炭酸イオンが皮膚を通して毛細血管に侵入します。

すると、侵入物を洗い流そうと、酸素が多く供給されることで血行促進!

その結果、肩こり、冷え性、むくみなどの改善が期待できます。

つまり、溶け込んでいる重炭酸イオンが大事なのであって、気泡が直接効いているわけではないということです。

サラサラの血が流れる血管のイラスト

通常、炭酸泉の多くは酸性ですが、中性の方が重炭酸イオンを多く溶け込ませることができるようです。

BARTHはお湯が中性に近いため、重炭酸イオンが多い。つまり、血行促進効果が高いということになります。


調べるまでは、他社の炭酸系入浴剤と混ぜればコスパよし!

なんて思ってましたが、お湯が酸性寄りになるので効果が薄れそうですね。

BARTHは無香料なので、香りをプラスしたいのなら有りかもしれません。



入浴剤BARTH を使用

さて、BARTH の実使用とその感想について記載していきます。

BARTHを3錠用意!

他社の炭酸系入浴剤に比べて、発生する気泡がかなり細かいです。

溶けるのに時間がかかるので、入浴の10分前くらいに入れておくのがオススメです。

手をいれておくと、写真のように気泡がついてきます。

先ほども説明しましたが、この泡ではなく溶け込んだ重炭酸イオンが大事なので、泡が消えても安心してください。

15分ほど入浴すると、身体がかなりポカポカし、皮膚も少々赤みを帯びた状態になりました。

入浴後もポカポカ状態がしばらく継続、冷え性の方には特にオススメです。


体温変化が良質な睡眠には必須なので、BARTHの効果は絶大!

睡眠負債を減らしてみては如何でしょうか?

さらに効果を高めたい方には、以下の書籍がオススメです。

おわりに

BARTH は中性で重炭酸イオンを発生させることができるという特徴があります。

原料は、重曹、クエン酸、ビタミンCがメインなので安いですが、製剤化(錠剤にする技術)やブランド化にコストがかかっているのでは?と考えています。

ちなみに、重曹とクエン酸を混ぜることでお手製の入浴剤をつくることもできます。

BARTHと効果を比較してみても面白いかもしれませんね♪

普段使いは少しお金がかかるという方は、週末の自分へのご褒美として使うのがオススメです。

まとめ買いがお得なので、気になった方はどうぞ!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント